Billabong Ante Up 結果!!

|
TTRツアーの一発目!!Biallbong Ante Up結果、速報を!
写真や情報はdmkさんよりお借り致します。

まずは、昨日に行われた公開練習の模様をどうぞ!!

それでは、結果報告です!!

news110702g.jpg

優勝は、スイッチバックサイド・ダブルコーク1260を
決めたエリック・ウィレット。
優勝候補のセバスチャン・トータント(RIDE)は、
キャブ・ダブルコーク1260で惜しくも2位に!!

news110702h.jpg

日本から参加のCOLLCサポートRIDEライダー
角野友基はというと最終結果は5位!!

前日の公開練習までになんとギアの入ったボードバックが届かず、
公開練習に参加できずに本番を迎えた角野友基。

予選1本目で12位。

このままでは決勝進出トップ10に入れないという状況。
ビブナンバー30の角野友基は予選最後の走者ともあって、緊張が高まるラン!!

予選2本目に見事B1080をメイクし、予選ギリギリの10位で通過を決めた!!

決勝では、10位通過の角野友基からスタート。
この時、GOサインが出たのでランしたが、まだジャッジの準備ができていないで、
カウントされない、というアクシデントに見舞われた。

再スタートのRUNでさらにクオリティーの高い
バックサイド・ダブルコーク1080をメイク!!
本戦1本目終了時点で2位にランクしていた角野友基。

2本目は、バックサイド1260までトライするがうまく決まらず、
結局、最終的には5位で終わった。


TTR5STARの世界大会、世界のトップ選手が集まる中での5位は立派だが、
本人は悔しそうに「来年はもっと良い成績を出す。」とコメント。


今回のBILLABONG ANTE UPにおいてさらなる可能性を
見せてくれた15歳の角野友基!!


これからの日本スノーボード界を背負って行くであろう
角野友基を皆さんぜひチェックして下さいね!!






@Atsushi Nakamura

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、COLLC STAFFが2011年7月 2日 14:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月です!」です。

次のブログ記事は「驚異の性能!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0